ケアマネージャー

今回は「”ケアマネージャー(介護支援専門員)になるには?”3分で分かる介護職の種類と仕事内容まとめ!」をお伝えします。

 

Sponsored Link  

ケアマネージャーの仕事とは

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護に関するコーディネートを行う専門員のことです。ケアプラン(介護サービスの利用計画)の作成がメイン業務。また介護を必要とする人が適切なサービスを利用できるように、要介護者やその家族からの相談に応じたり、関係機関への連絡・調整を行ったりします。
 
  

ケアマネージャーになるには

介護支援専門員実務研修受講試験に合格することが必要です。
 
 

受験資格として必要な資格・実務経験を確認する

▼国家資格がある場合
保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験があることが条件。介護福祉士や社会福祉士の資格保持者が、ケアマネジャー資格を取得する場合が多い。 

 
▼国家資格がない場合
老人福祉施設や在宅介護業務に従事する人、施設長などで、5年~10年の実務経験があれば受験可能。ヘルパー2級や社会福祉主事任用資格を持っている方も実務経験があると受験できます。
  
   

介護支援専門員実務研修受講試験に合格する

アマネージャー(介護支援専門員)は国家資格ではなく公的資格。試験は各都道府県で毎年1回、例年10月の日曜日に実施されています。


Sponsored Link

  
  

就業場所

介護保険制度が改正されたことで、これまでの介護サービス事業所や介護施設に加え、認知症の人たちの暮らすグループホームや市町村の地域包括センターなどが就業場所になります。  
  
  

平均月収

平均月収は25万円前後です。
 
  

サマリー

▼ケアマネージャーは要介護者のケアプラン(介護サービスの利用計画)の作成がメイン業務。
▼就職には、介護支援専門員実務研修受講試験の合格が必要。
▼平均月収は25万円前後。
 
Sponsored Link