b1f98d057ac1a365ea1e33b7bd68970c_s

今回は「”介護旅行のポイント”車椅子でも温泉旅行に!介護が必要な高齢者におすすめのバリアフリー旅行。付き添いで事前に注意すべき5つの項目!」をお伝えします。

 

Sponsored Link

 

 

バリアフリー対応の宿泊施設

障害を持つ方や高齢の方にも安心して快適なご旅行をお楽しみいただけるバリアフリー対応の宿泊施設があります。事前に宿泊施設を検索し、問い合わせしておきましょう。

 

旅行の前に

介護が必要な方は、旅行をする上で大きな不安があると思います。ここでは、旅行の前(旅館やホテルを決める前)に最低限しておかなくてはいけないことを紹介します。

1.旅行の前にかかりつけの医師とケアマネジャーに相談する。
2.旅先の医療機関をチェックする。
3.自分がどの程度の介護や介護設備が必要なのかを旅館に伝えておく。
4.往復の輸送機関の高齢者設備・対応の確認をする。
5.宿泊施設の設備の確認

※現地での移動は福祉車両等の手配を行うと便利です。

 

Sponsored Link

 

 

設備の確認

車イス用トイレ

手すり付きや、スペースを広くとってあるなど、車イスのまま利用できるトイレです。

l_01  

車イス貸し出し

希望者に車イスの貸し出しを行っている宿泊施設です。浴室用の車イスを貸し出している宿泊施設もあります。
※詳しくは各宿泊施設にお問い合わせください。

wheelchair-350x350  

アクセシブルルーム(ハンディキャップルーム)

身障者客室と言われる部屋で、室内をバリアフリーにしたり、洗面やトイレを車イス対応にするなどの工夫がされている客室です。
  

障者用エレベーター

車イスでも手の届く位置にボタンを配置するなどの工夫がされているエレベーターです。
  

 

サマリー

▼杖や車いすでも安心して楽しめる、バリアフリーの宿がおすすめ。
▼旅先の医療機関の確認等、事前チェックを行いましょう。

 

Sponsored Link