e43c3c0ed98690d664373673ddfe46f2_s

今回は「ゲームや頭の体操」の豆知識をお伝えします。

 

 

Sponsored Link

 

 

パチンコで認知症予防

最近、認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)や通所介護事業所(デイサービス)などで、ゲーム機を使用して脳トレーニングを行い、認知症予防に取り組んでいるところが増えています。
事業所内にパチンコ台やパソコン等を設置し、自由に使えるところもあるそうです。
福祉専用のパチンコはトレーニング要素もあり、慣れ親しんだパチンコで認知症予防ができるととても人気があります。

楽しみながら頭を使うゲームを

アミューズメント•カジノ

埼玉県和光市で高齢者に人気を集めているのが「アミューズメント・カジノ」です。
ルーレットなど娯楽性のあるゲームはルールを覚えたり、チップの計算をしたり、頭を使うことが多く、また、勝ち負けはやる気や意欲につながるので、認知症予防にとても効果があるという結果が出ているのです。

8c1e56382f06ab270e91a025017bc260_s

事業所などで行うレクなどに苦手意識のある高齢者は意外に多いものです。
そういったひきこもりがちな高齢者もパチンコやカジノなどのゲームでは積極的に参加するなど、より多くの人たちに受け入れられる介護予防施策として注目されています。

脳トレーニング

パズルや数独、計算ドリルなどの脳トレーニングも認知症予防に効果があると言われています。
強制的にやらせるのではなく、ストレスにならないような範囲で楽しく取り入れることがより一層の認知症予防につながることでしょう。

336c43e1cf09dc540260f6f2d3e5a975_s

 

サマリー

▼ゲームは、ルールを覚えたり計算をしたり、自然に頭を使うことで認知症予防につながります。
▼強制的ではなく、ストレスにならない範囲で楽しく取り入れましょう。

 

 

Sponsored Link