3548fe59f668945570401ee3728bb7cb_s

今回は「介護には実際にどのくらいの年数と費用がかかるのか?家族と自分の将来のために知っておこう!」をお伝えします。


Sponsored Link

 

要介護状態となった場合の初期費用

生命保険文化センターの全国実態調査を元にお伝えします。
 
世帯主または配偶者が要介護状態となった場合、住宅改造や介護生活の準備費用などはじめにお金が掛かります。

必要と考える初期費用の平均は262万円となっています。必要資金の分布をみると「100~200万円未満」が26.4%と最も多く、次いで「50万円未満」が12.5%、「200~300万円未満」が11.2%となっています。

ad682d7440e51b1ee9df570b798fb0ca
  
  

要介護状態となった場合の必要資金(月額)

要介護状態となった場合、必要と考える月々の費用の平均は17.2万円となっています。必要資金の分布をみると、「10~15万円未満」が29.1%と最も多くなっています。

2
Sponsored Link  
 

要介護状態となった場合の必要期間

介護費用はどのくらいの期間準備が必要でしょうか。
 
必要と考える期間の平均は168.5ヵ月(14年1ヵ月)で、必要期間の分布をみると「10~15年未満」が35.5%と最も多くなっています。

3

 

サマリー

要介護状態になった場合の初期費用平均額は262万円。
▼介護にかかる月額平均額は17.2万円。

 
Sponsored Link