高額医療

今回は「”高額医療・高額介護合算療養費制度とは?”5分でわかる基本知識!後期高齢者医療制度を知ろう!支給要件・申請手続き・支給基準額をわかりやすく解説!」をお伝えします。


Sponsored Link


高額介護合算療養費制度とは

世帯内の同一の医療保険の加入者の方について、毎年8月から1年間にかかった医療保険と介護保険の自己負担額(高額療養費及び高額介護サービス費の支給を除く)を合計し、基準額を超えた場合は超過金額が払い戻される制度。
 

高額介護合算療養費制度の基準金額

高額介護合算療養費制度の基準金額は年齢・所得によって基準金額が違います。

chart_03出典:http://www.aflac.co.jp/
 
Sponsored Link
   

高額介護合算療養費制度の申請方法

支給を受けるには、加入している介護保険と医療保険、両方の窓口での申請が必要。

①介護保険の窓口で申請
介護保険の窓口で、「自己負担額証明書交付申請書」を提出し、「自己負担額証明書」を交付してもらいます。

②医療保険の窓口で申請
介護保険の窓口で交付された「自己負担額証明書」を添えて、加入する医療保険の窓口で申請を行います。

③介護保険・医療保険から払戻し
介護保険・医療保険のそれぞれから超過金が払い戻されます。

サマリー

▼「高額介護合算療養費制度」は1年間の医療保険と介護保険の自己負担額を合計し、基準額を超えた超過金額が払い戻される制度。
基準金額は年齢・所得によって異なる。
支給は、介護保険と医療保険の両窓口での申請が必要。


Sponsored Link