手続き

今回は「”介護保険サービス利用までの手続きと流れとは?”介護サービスを受けるために、要支援・要介護認定の申請から始めよう!」をお伝えします。

 

Sponsored Link

 

介護保険サービス利用までの手続きと流れ

要介護認定の申請〜介護保険サービス利用までの流れは、下図のようになっています。
項目ごとに順を追って解説していきたいと思います。
 
kaigonintei

要介護認定の申請をする

介護サービス利用のために、お住まいの市区町村の窓口で要介護認定の申請をします。申請時には、介護保険被保険者証が必要です。40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行なう場合は、医療保険証が必要。
 
 

認定調査・主治医意見書を依頼する

市区町村の調査員が自宅や施設等を訪問し、心身の状態を確認するための認定調査を行います。主治医意見書は、市区町村が主治医に依頼をします。主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要になります。
 
 

審査判定を受ける

①一次判定
調査結果及び主治医意見書に基づき、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。
   
②二次判定
一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。
 
 

認定を受ける

市区町村は二次判定結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。申請から認定の通知までは原則30日以内に実施されます。認定は要支援1~2、要介護1~5までの7段階、および非該当に分かれています。

認定の有効期限については下記のようになります。
  
▼新規、変更申請:原則6ヶ月(状態に応じ3~12ヶ月まで設定)
▼更新申請:原則12ヶ月(状態に応じ3~24ヶ月まで設定)

認定を更新する場合は、有効期間内に更新手続きが必要です。また心身悪化に伴い要介護度を変更したい場合は、有効期限内でも変更申請が可能です。

Sponsored Link

 

介護サービス計画書の作成

介護サービスを利用する場合は、介護サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要になります。
    
▼「要支援」の場合

地域包括支援センターに依頼。
 
▼「要介護」の場合
介護支援専門員(ケアマネジャー)が所属している居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼。
 
 

サービス利用の開始

介護認定を受けると下記の介護サービスを受けられるようになります。
  
①介護サービスの利用にかかる相談、ケアプランの作成
②自宅で受けられる家事援助等のサービス
③施設などに出かけて日帰りで行うデイサービス
④施設などで生活しながら、長期間または短期間受けられるサービス

⑤訪問・通い・宿泊を組み合わせて受けられるサービス
 

サマリー

介護サービス利用のために、まずは「要介護・要支援認定」が必要。
▼要介護
認定を受けたら、介護サービス計画書(ケアプラン)を作成。

 

Sponsored Link