介護費用調査

今回は「”介護保険制度とは?いつからいくら払うの?”介護保険の仕組みをわかりやすく簡単に解説!」をお伝えします。

 

Sponsored Link


介護保険制度とは?

社会全体で介護を支え、住み慣れた地域で安心した老後を送れるよう、平成12年からスタートした公的保険制度です。介護保険制度は国や都道府県ではなく、「市町村及び特別区」が担います。
 
40歳以上の方が加入者となり、市町村及び特別区に保険料を納めることで、介護が必要となった時にサービスを受けられる仕組みとなっています。
 
加入手続きは不要で、健康保険の加入者は40歳~64歳までの間、健康保険料と一緒に介護保険料を徴収されます。
 
 
z07_01
出典:http://www.denkenpo.or.jp
  

介護保険料は40歳から納める

介護保険は40歳以上の人が全員加入して介護保険料を納め、介護が必要になった時に所定の介護サービスが受けることができます。保険料は市町村によって異なります。

 

Sponsored Link

 

65歳以上は1号被保険者

65歳以上は「第1号被保険者」となり介護の原因を問わず、所定の要介護状態になった場合に保障を受けることが可能。

 

40歳~64歳は2号被保険者

40~64歳の人は「第2号被保険者」となり、加齢に起因する特定の病気(16疾患)によって要介護状態になった場合に限り、介護サービスを受けることができます。

oshiete_z2出典:http://www.kaigo-hot.jp

 

サマリー

▼介護保険制度は「介護が必要な高齢者とその家族をサポートするための保険システム」。
▼介護保険は40歳から全員加入で、被保険者種別によって受けられる介護サービスが異なる。

  

  
Sponsored Link